THE ROOM OF "TORA90000"

title.gif...3kb

Since Oct. 5. 1997

This page was last modified on Oct 18'08
This Page was authorized by Shinji Nakatani.

2008.3.11 こんもりとチップを積んだ5263列車

ここでは2002年の春まで北海道、室蘭本線萩野(はぎの)- 陣屋町(じんやまち)間において最後の活躍を続けていた、トラ90000形チップ専用貨車にスポットをあてて紹介します。

TORA90000,that's freight cars (gondora type), moving for chips of woods,oparate bitween HAGINO to JINYAMACHI,on Muroran-Line,JR,Hokkaido until spring of the 2002year.



INDEX

ちょっと前の写真集(常設展)('08.10.18リニューアル)
Gallary

トラ90000とは(この貨車について)
What's about "TORA90000"

トラ90000の走っていた区間・時刻(沿線地図)
Map & Timetable

トラ90000アルバム ・・・ 1, 2, 3, 4, 5, 6 (沿線風景も交えて)
Pictures from My Album

トラ90000のパートナー(牽引する機関車について)
Locomotives

トラ90000のお友達(室蘭本線を走る車両たち)
Other kind of Railcars on Muroran-Line

チップ積みパワム(試作車について)
About "Pawamu"type Wamu80000 boxcar for Chip Transport (Test Version)

チップ積みパワム(トラの後継車)
About "Pawamu"type Wamu80000(480000) boxcar for Chip Transport

□撮影ポイント紹介 陣屋町臨港駅鷲別機関区
Points for your Camera

ディーゼルカーの思い出・・・ 1, 2, 3, 4(読みもの)
Memory about Dieselcars

鉄道探訪記(旅先で撮った写真です)
Memories

Nゲージレイアウト(ちいさな模型鉄道)
about My Modelrailroading(1:150scale,9mm gauge,Japanese Type)

□記憶の中の鉄道風景(こんなシーンを創りたい)
Model Railroad Prototype Album

1.1990年代後半・北海道内の風景

2.宗谷本線おといねっぷ駅

3.北海道の列車 JR化後 1990年頃

4.室蘭本線 チップ列車とタキ11000形

5.タキ11000形 その2

6.1982年夏・東京 ('08.10.18up!)

7.1980年・室蘭本線・苫小牧付近 ('08.10.18up!)

 

作者ごあいさつ(北海道札幌市より)
from Author (from Author Live in Sapporo C. Hokkaido.Japan)

リンク
Links for Rail Pages & Others.

Now Loading.....
Entrance of Main Page(Diary etc.)


What's NEW

 タキ11000形の紹介(2007.6.19作成)

 タキ11000形の紹介(2)(2007.6.20作成)


あなたは約   番目の訪問者です

1997.10.5 より


Column

2008.10.11 苗穂工場 MTUエンジン

 2008年10月11日、JR・苗穂工場の見学にて、全般検査中のDF200-901のエンジンを撮影しました。大きいです。形式12V396TE14、出力1700PS(1250kw)/1800rpmという性能です。これを二基搭載しています。('08.10.11)

 このサイトを開設して11年が過ぎました。忘却の彼方に行ってしまう前に写真を整理してアップしたいと思います。('08.10.7)

2008.8.14 本輪西 DD51 1135

2008.8.14 DD51の牽くタンク車

2008.8.14 チップ輸送車

2008.8.14 スーパー北斗

 2008年8月14日、久々に室蘭本線で撮影しました。木材チップの鉄道輸送が終わったのは、予定していた白老港への切替ではありませんでした。室蘭港陣屋埠頭のチップヤードには以前と変わらず海外からのチップ専用船が入港しています。貨物輸送が行われていたときも並行してトラック輸送はありました。その割合がトラックにシフトしていき鉄道輸送が消えてしまったということです。長年に亘り鉄道を使っていた荷主の意向が変わったのでしょう。少々寂しいことです。石油やコンテナは頑張ってほしいものです。('08.8.29)

チップ列車最終日(2008.3.12)

 最終日、青空の下をチップ列車は駆け抜けて行きました。

 おそらく最初で最後のヘッドマークで飾られ、鉄道貨物輸送のひとつの形が幕を閉じました。

 牽引機は原色機のDD51 1164。ヘッドマークには「ありがとう ワム480000 さようならチップ列車 最終運転2008.3.12 JRF JR貨物鷲別機関区」と書かれていたそうです。

 撮影場所:幌別-鷲別 (妻撮影)

 チップ輸送列車は2008年3月12日が最終日とのことです。('08.3.9)

 このページをはじめて10年が経過しました。トラ90000を撮っていたとき「近々コンテナに変わるよ」と声を掛けられ、撮影に熱が入ったことを覚えています。その後、ワム480000番代が登場。外国産チップの荷揚げが室蘭港から白老港へ変わるまでとの話が、この輸送はいまだに続いています。('07.10.6)

 コンテナに切替との話が情報誌に載ったとのことで、二軸貨車時代のおわりは間近です。('07.9.12)

 ほんとうに久々にチップ列車の撮影をしました。パワムでの輸送も終焉のときが近づいているという話がちらほら。('07.7.23)

 

このページは、たにしが個人的に趣味の範囲で作成したものです。JR貨物、その他の会社等とは一切関係ありません。内容についてのご指摘、ご質問等がありましたら、e-mailにてご連絡願います。このホームページに使用されている写真の無断転載を禁じます。

Special Thanks

写真/情報提供:やまださん(Mr.Yamada)→ハイテクロコ写真集

写真/情報提供:片田健さん(Mr.Ken Katada)→片田健の鉄っちゃんの小部屋

列車バナー提供:柏熊秀雄さん(Mr.Hideo Kashiwakuma)→Rail and Bikes

協力:佐藤よしたかさん(Mr.Yoshitaka Satoh)
Kuma-Yashiki

Copyright (c)1997-2008 All rights Reserved Shinji Nakatani