乗せてもらったクルマたち

Tanisi's Home Page

乗せてもらったクルマたち

 私が乗せてもらったクルマの感想です。(2005.2.1)

クルマが大好きなので、機会があればいろいろなクルマに乗せてもらっています。運転しないで語るのはどうかとも思いますが、軽く読み流していただければ幸いです。

日産 ラフェスタ20S(CVT)('2005.1.16,22試乗)
・街中試乗での感想。エンジンの高回転域を見限った出足重視のセッティングに依る出足の良さ、改良型CVTの段付きがなく、かつ違和感のない加速。効果的な遮音。ボディ見切りの良さ。ガラスルーフの開放感は先駆者のプジョーに経緯を払いながらも嬉しい装備。一台注文しました。

日産 ティーダ1.5(CVT)('2004.10.17試乗)
・街乗りでの感想。室内の広さ、使い勝手は文句なし。後席ドアの形状が実用的。内装の質感も水準以上。出足は鋭く、街中での印象はとてもよい。乗りつぶすほど乗って価値が出る実用車だと感じました。

マツダ アクセラ2.0(5AT)('2004.9.13試乗、12.29-31レンタル)
・街中試乗及び北海道での高速道路での感想。エンジンのトルク感・ほどよく感じられる。ブレーキのタッチ・良好、内装の質感・好印象。高速道路での安定感・秀。街中で見かけないのが不思議ですが、輸出に8割廻しているそうです。

スバル インプレッサワゴン WRX(5MT)('2004.9.12試乗)
・街中試乗での感想。ターボのタイムラグが気になります。内装にムードなし、ボンネットのエアスクープが視界の妨げ。しかし、これと同じクルマがWRCマシンだと思って乗ると良いのです。そう言う気分に浸れるのはやっぱりセダンかな。ワゴンはISの方が良さそうです。

日産 スカイラインクーペ350GT(6MT)('2004.9.12試乗)
・街中試乗、好きなコースを乗せてくれました。足回りしっかり仕様で、街乗りでも印象は良いです。エンジンもトルクがあって乗りやすい。あと1,000回転回れば最高なのだけれど、基本的にATにマッチングしたエンジン特性なのでしょう。スタイルもいいし、トータルバランスの取れたスポーティーカーだと思います。

トヨタ パッソ1.0X(4AT)('2004.9.12試乗)
・街中試乗、ほんのひとまわりでの印象。新車と思えないショボイ足回り、ブレーキタッチが変に重くて「何か(装置が)付いてますか」と聞いてしまいました。ブレーキアシストが付いているらしいです。1.0はこんなモノか?軽自動車に限りなく近い小型車というイメージです。運転してどうこういうクルマではないです。シティコミュータにしてもマーチのほうがいいのでは。マーチはまだ乗ったことがないので、乗ってみたくなりました。

マツダ RX-8
・街中試乗での感想。試乗したのは210馬力の5MT車です。エンジンはトルクが細い感じがしますが、アクセルペダルを踏み込むと一気に回ります。普段の足にはハイパワー仕様は必要なし。足回りは荒れた路面にもよく追従し、乗り心地もよい。十分実用的な4座席車でありかつスポーツカーだと思います。

日産 フェアレディZ
・試乗車での感想。運転席に座っての車幅感覚は歴代Z中一番掴みやすいと思われます。マニュアルシフトもカチッと決まり、見栄えもするよいクルマです。

ホンダ アコード セダン2.4
・ちょい乗り試乗での感想。エンジンの回り方、マニュアル操作したときのシフトのタイムラグの小ささ、ボディの剛性感ともに秀逸。

マツダ アテンザ セダン2.3
・ちょい乗り試乗での感想。エンジンのピックアップが鋭く街中のながれをリードできそう。ステアリングの手応えもよく路面を捉え運転に集中できそう。シートアレンジも使い勝手がよいし、いいクルマだなあと素直に思えました。最大のライバル、アコードには乗っていませんが購入前提の場合、比較するとどういう気分になるのか気になるところです。

日産 ティアナ 2.3
・街中試乗での感想。エンジンのピックアップはよい。内装がエレガントに演出されている。シートの質感もよいですが、汚れには注意しないといけないような色遣いです。現代によみがえったローレル。

ホンダ フィット 4WD
・レンタカーでの感想。ノイズを抑えること、乗り心地のいい足周りと車体、シートのかけ心地、すべてが数年前のヨーロッパ車のレベルに達しています。回さなくともトルクの出るエンジン、減速したときには停車寸前までエンジンブレーキが効くように感じられるエンジンの制御、感心することしきりです。アンダーステアも自然で、山道を走っても4WDだと気付きませんでした。

トヨタ ヴィッツ RS
・納車直後にTくんの助手席で体験。座っているだけで剛性感が感じられます。エンジンは低速トルク重視なのか、知らず知らずのうちにスピードが出ているタイプのクルマです。'03年春にはターボ車が登場するらしいですが、かっとび、韋駄天と言ったスターレットの愛称が思い出されます。組成がいいクルマなんだからモータースポーツに使えるくらい速ければいいのに。

マツダ デミオ 1.3
・レンタカーでの感想。フラットトルクなエンジンは、ストレスを感じないで乗れます。剛性感あり。素っ気ない内装ですが、実用車としては十分。

スバル レガシィB4 RSK
・試乗車の助手席にて。怒濤の加速。ターボ車に乗り慣れない私にはなじめないものです。もっとゆったり走りたい。

BMW ミニ ONE
・試乗車での印象。マニュアル車でしたが、エンジンがフラットトルクで乗りやすい反面盛り上がりに欠ける。郊外を走るとその真価ががかるかも知れませんが、街中に似合う割に、運転していてストレスを感じる場面がありそう。乗ってしまえばこのクルマのリズムに体が合っていくのかも知れませんね。

BMW 318ti
・試乗車の印象。エンジンのピックアップもさほどではなく、価格も高いので相応の出来という印象でした。高速走行をするともっといいのかも知れません。

フォルクスワーゲン ニュービートル
・試乗車の助手席にて。着座位置が車体中央近くで車体の大きさが掴み難い。取り回しのよいクルマが好きなわたしにはかなりのマイナスポイント。

MCC スマートクーペ
・試乗車の助手席にて。止まっているのを見ていただけではドアでも何でも華奢な気がしましたが、走らせると剛性感が高いのがわかります。この価格はバーゲン。ディーラーが近くにあるから買いの一台だと思いました。

プジョー 206XT
・助手席試乗。106、306に対してデザインの新しさは感じますが、街中の試乗ではそれほど魅力を感じなかったのが事実です。

プジョー 307SW
・街中での試乗。座り心地、足周りの動き、エンジンブレーキの効くシフトスケジュール等、マニュアル車に慣れたわたしでも違和感なく乗れるクルマでした。ガラスルーフの開放感も好印象。

ルノー ルーテシア1.4
・助手席試乗。運転していないので実感していませんが街中の流れにシフトスケジュールがマッチしているようです。シートは柔らかく座り心地良好。

フォード フォーカス2.0GHIA
・内外共に好き嫌いの分かれそうなデザイン。走らせてみるとなかなかどうして。バンピーな道での身のこなしにかなり惚れ込みました。ステアリングのしっかり感も好感がもてます。走ることが楽しみになりそうなクルマです。

フォルクスワーゲン ゴルフGTI(ゴルフIV)
・ゴルフIVはIIIと比して質感が大幅上昇したとの記事は見ていたのですが半信半疑でした。実際はそのとおり、高級車の仕上げになっていて驚きました。マニュアル車に乗れたのですが、シフトフィール、力強く十分な加速、ブレーキのタッチ、どれを取っても私には文句ナシです。

マツダ ロードスター1800RS II
・シフトフィールは小気味よく軽い。風の巻き込みも最少。脚も扁平タイヤの割に乗り心地良し。エンジンは操れないほどのパワーではなく、とっても好印象。1600ccエンジン搭載車も気になります。