Tanisi's Diary.gif...2.8KB

 今までの日記 2011年8月

 Wed.Aug.31

 ホテルを後にし、二日目の行き先、新宿区内の大学へ。JRで新橋→秋葉原→飯田橋。都営大江戸線で若松河田へ。 大江戸線は、トンネルの深さと列車の狭さが不気味です。お昼はカレー。若松河田から上野御徒町まで大江戸線に乗りました。

2011.8.31 上野広小路駅の案内

 上野広小路からJR上野駅まで、地下を歩き、JR上野駅中央改札から構内へ入りました。

2011.8.31 壁画は、猪熊弦一郎の「自由」(1951)

2011.8.31 石川啄木の歌碑


 駅構内に高架線がある感じとか。 地上ホーム付近をつぶさに見て、石川啄木の歌碑を見つける。
 「ふるさとの 訛りなつかしき 停車場の 人ごみの中に そを聴きに行く」

2011.8.31 上野駅

 上野から山手線に乗り、秋葉原で降りました。山手線のE231系よりも、京浜東北線のE233系の方がドア上の情報量が豊富で楽しいです。 秋葉原をぐるっとひとまわり。メイド喫茶の呼び込みさんが、たくさん。呼び込みをしないと集客できないのは、一見さんが多いといっても業界の競争が厳しいことを表している。 秋葉原→浜松町。以前、京浜東北線の快速運転が、新橋に停車して浜松町はスルー だったのが、逆転している。秋葉原、東京、浜松町、品川に止まる。飛行機利用者には安心。浜松町駅のホームから新幹線の写真を撮って、空港へ。
 天帰りはスカイマーク。昨晩の飲み会で、スカイマークは飛行機がちっちゃくて云々と
いう話が言われていた。通路2つのワイドボディが当たり前の人には、通路1列の機体
B737は「ちいさい」と思われるのだな。B737-800は新鋭機だから、信頼性は高い、と言ったら、詳しいと驚かれました。まぁ、乗り物に詳しい(雑学)のは事実ですから。
新千歳空港からは、JR、地下鉄、バスを乗り着いで帰宅しました。

2011.8.30 羽田空港

 Tue.Aug.30

 東京縦覧記 札幌から新千歳空港まではJRで移動。
 行きはAIR DO。席が通路側だったので景色はみられませんでした。羽田へは、第3滑走路に南から着陸。駐機場に向かうとのアナウンス。降りた方向が近かったので、すぐに到着。第2ターミナルにあるANAのショップで、懐かしい絵柄の絵はがきを買い求める。相当余裕を持って出たので、空港内で早めの昼食を摂ることに。ローソンで弁当を買ってロビーで食べました。晴天。第1ターミナル行きの無料バスに乗ってみる。空港からはモノレール。わたしは暫く京急を利用することが多かったがJRとモノレールが乗り継ぎに配慮するようになって、前回使って見るとなるほど便利になったので、今回もモノレール。
降りてからの目的地に応じて乗り継ぎ駅での歩く距離を考えて、使い分けをしたい。
羽田空港第一ターミナルビル→浜松町→新橋→虎ノ門。同行者と待ち合わせ。ゆったり早めに着いていた。

2011.8.30 都内にて

 仕事はうまくいった。一旦、同行者と別れて、時間があったので、外堀通り沿いのコーヒーショップで涼む。並びの西新橋郵便局に入ってみる。切手のコーナーが充実。さらにはご当地郵便局のようなオリジナルグッズもありました。歩いて新橋駅から銀座方面へ。超高級店を外からみる。新橋駅西口のビルに入ってみたら、金券ショップとマッサージ店ばかり。ただ歩いて時間を使って、18時の待ち合わせ場所へ。21時まで同行の方々と夕食と飲み。平日だからか、不景気だからか満席にはならなかった。西新橋にとった宿の場所を探すうちに雨に当たる。コンビニでビニール傘を買いました。スーパーホテル新橋・烏丸口は、思ったより駅からの距離がありました。場所が判ればどうということはないですが、電話して聞いても判らず、うろうろ歩いて探しました。ずぶ濡れだったからかタオルを差し出してもらいました。
 22時過ぎ、もと同僚M氏から電話。彼はきょう職場の飲み会で、近くにいたのです。(飲み会の場所を、新橋にしていた。)彼のいる中華料理店へたどり着き、彼と彼の先輩と合流し、ホッピーの焼酎割りを飲みました。ホッピー、調布に工場があるんだ。24時近くになったので新橋駅で彼らと別れ、宿に向かう。終電間に合わないでしょ、泊まるとこあるの、決まってないでしょ、マッサージやすいよ、と声をかけられました。新橋も、個室DVD店やマッサージ店が無数にあるような盛り場なんだな。でも、たぶん、人出は少ない。

 Sun.Aug.28

 旧中の川でイバラトミヨを捕まえました。泥の中に足を入れてがさごそしました。


 Fri.Aug.19

 鉄道模型 1/150 軌間9mm(いわゆるNゲージ)でKATOからいよいよC62 2、C62 3(小樽築港機関区、現役時代)と急行ニセコ客車の発売予定がアナウンスされました。
想像が現実になるまでが長かったなぁ。どれくらいの数が売れるのだろう。実物が山岳線を制覇するための組み合わせで、12両編成という長編成の客車も発売するのだから、模型的にも重連でもちゃんと走るのだろう。年末にかけて順次発売とのこと、楽しみに待つことにしよう。

 Sun.Aug.14

 札幌駅前方面に行きました。ビックカメラで何となく、デジカメコーナーを見る。オリンパス・ペン ライト E-PL2に惹かれましたが、最終的に、パナソニックDMC-GF3に固まり、勢いで買ってしまいました。しかし、買ったお店はその後に行ったヨドバシカメラでした。 さぁ、どうやって使いこなしていきましょうか。

2011.8.12 小樽水族館にて

 Fri.Aug.12

 小樽水族館へ。あさ、すこし遅めだったが11時前には到着。館内をゆっくりと見る。昨年より展示の見せ方がうまくなっている。旭山動物園の行動展示のよう。カワウソ、サンショウウオ、淡水魚などは生態をみられるようになっています。海獣館そばの海はやや波が高く、カニは捕まえられませんでした。

2011.8.11 ヤチウグイ

 Tue.Aug.11

 夏休み二日目。

 今日の札幌の最高気温は34度とのことです。

 琴似発寒川に、桑園発寒通に架かる清水橋の上流に降り立ち、川に入る。きょうは冷たく感じません。まず、たも網を下流側にセットし、石の下を探します。フクドジョウを見つけました。トウヨシノボリが何回か見つかりました。少し遡って、右岸の草むらの下でがさごそやると、大きな魚が2尾、これはヤチウグイ。それとスジエビがうじゃうじゃ。
バケツに入れて、プラケースで観察した後、全部リリースしました。その後、ミスドを食べて帰りました。

 Sun.Aug.7

 今年度初めて開催される、航空自衛隊の航空祭。予行には行けなかったので、本番のみ。きょうはいい天気。あさ6時に出るとかいって、一番遅くまで寝ていたのがわたし。出発したのは6:40。高速道路で順調に千歳に着きました。到着は7:25頃。302格納庫に陣取り、F-15のコクピット見学の列に並んでいるうちに30分以上過ぎてしまう。オープニングフライトに向かうF-2を撮影。ここで友人に出会う。ピーカンの青空だったので日差しの強さが半端じゃない。適当に日差しを避けながら、航空祭を楽しみました。F-15の機動展示は、見せ方がよいなと感じました。PACAFデモチームのF-16は、途中で終了したような気がします。なんらかのトラブルだったのか。F-2の展示は、こんなものかな、という感じ。異機種同時飛行展示は、ジャンボが入ると見栄えがします。F-15に挟まれた、F-4EJ改 47-8345号機のラストフライトはちゃんと撮影できませんでした。
ブルーインパルスの飛行展示が始まる頃、基地を後にしました。
 帰り道、東区のつどーむの池でイバラトミヨを探す。水量が減っていて、魚を捕るような状態ではありませんでした。ゲンゴロウを見つけました。伏篭川に場所を変えて、探索。ちいさなハゼ系のさかなを見つけました。 気が良くない。台風12号から変わった低気圧が日本海側に。そして、台風13号が東北沿岸から北海道に向けて接近。前線も東北の日本海側に張り付いている形で今夜から明日にかけては大荒れになりそう。

 びっくりドンキーに小学校低学年くらいの子供たちが来て、ろうそくだせだせぇよ、ださぬとかっちゃくぞ、〜の唄を唄いお菓子をもらっていた。お店にも来るのか!東区元町あたりでは家々から集めたおおきな袋を肩から下げた浴衣姿の子が目につきました。

 Sat.Aug.6

 千歳基地航空祭の総合予行を観るつもりでしたが、まず、千歳の予報が雨、それと、川に行きたいという子供のリクエスト。朝、朝食前にひとつ川に行って、それから千歳に行くのもいいかと思い子供と二人で出発。

2011.8.6 豊平川 おたまじゃくし


 まずは、南区の豊平川に北ノ沢川がそそぐ地点を目指して。豊平側の左岸のこのあたりはウグイの稚魚がたくさん。コムラサキ、シオカラトンボ、種類不明のオタマジャクシを見かけました。北ノ沢川へさかのぼろうとしたのですが結構険しい。少し進んで戻りました。コンビニでパンを買って昼食。

2011.8.6 豊平川さけ科学館 ニジマス


 豊平川さけ科学館に寄り道。館内外の水槽を見学。きょうの目的、イバラトミヨの居る川について教えてもらいました。北ノ沢川のポイントにも網を入れ、フクドジョウ1尾を捕まえました。続いて一旦帰宅した後、西区の中の川へ。
 下手稲通りにかかる共栄橋の下をめざしたのですが、ヘドロがすごい。一人で泥にまみれて魚を探しました。きょうはシマウキゴリとヌマエビは無視。なぜかそこに居たヒメダカ1尾を捕獲。旧中の川緑地にも行きましたが、水が汚れていました。カモの一家がいました。ここは札幌市の「ふるさとの川整備事業」で整備されているようなのですが、ゴミや油が浮いていてきれいとは言えない状態でした。網を入れてもヘドロがすごい。
 このままでは不満が募るので、思い切って遠出して、札幌市と小樽市の境界付近を流れるキライチ川へ。川の名の由来:旧いアイヌ語でキライオツ(イトウ魚のいる処)と云う。星置緑地の中を流れ、星置川に注ぎます。星置緑地の駐車場にクルマを置いて川を探すと、星置川にそそぐ少し 上流のあたり、川に降りられるところを見つけました。

2011.8.6 魚たち

 ここは、シマウキゴリ、トウヨシノボリ、モクズガニがどんどん捕れさらにはヤマメが!あみでヤマメを捕れるのは楽しい。小川なんですけどね。20メートルくらい公園内を遡って、引き返しました。いちにち川で遊んで、大満足。キライチ川からはちいさいヤマメ(6cm)を1尾だけ持ち帰ったのですが、途中でお亡くなりになってしまいました。フクドジョウもヒメダカも、別々の水槽でしたが、すべて死んでしまいました。川の魚は環境の変化に敏感です


2011年7月の日記へ

Now Loading.....