私の好きなクルマ 2002

Tanisi's Home Page

私の好きなクルマ2002

 2002年初頭、私の選ぶ「好きなクルマリスト」です。

'Honda Fit ...36KB


(日本車編=生産中)

ダイハツ ネイキッド
・内装のPOPさが素敵なミニ・ラシーン的軽乗用車。すたれなさそうなデザイン。

スバル プレオ
・CVTによる段付きのない加速感がマル、乗ってみて満足の軽自動車。

スズキMR-Wagon(エムアールワゴン)
・普通車に良くあるカタチですが、軽自動車としては目新しい。明るい内装色と幅広い室内が魅力です。

トヨタ ヴィッツ1000
・1000ccのエンジンを振り絞って回してもボディは余裕を感じます。そこからくるのでしょうか、懐の広い操縦性が魅力です。デザインの非凡さはリアバンパーの形にあらわれていると思います。

ホンダ フィット1000
・エンジンの制御がしっかりしていてどこから踏んでもぐずつきが感じられません。質感も上々。

ダイハツ YRV
・スタイルが好みです。中味はスターレットターボのような激しさがあるらしいです。

トヨタ ヴィッツ1500RS
・1,500ccエンジンを得て活発なクルマになっていると思います。若い人だけに乗せておくのは勿体ない。

マツダ ロードスター1600
・公道でも楽しく操縦できるほどほどのパワー。それでもこのクルマは紛れもないスポーツカー。安定方向に逃げない独特の操縦感を味わえるらしい。今年登場のNR-A(ワンメイクレース用車両)は1800の脚を入れたクルマ。走り重視派にも満足できそう。

マツダ MPV
・ざっくりと大きな車体、大きめのエンジンの割にリーズナブル。

マツダ アテンザ
・マツダ久々の新車、BMW 3シリーズを目標にしたとのこと。発売が楽しみです。

ホンダ S2000(エス・ニセン)
・クリーンかつパワフルなホンダエンジン。久々のFR車。いつかは乗るチャンスがあるものと信じています。

ホンダ シビックTypeR(タイプアール)
・小さなボディに2000cc・215ps/8,000rpmのエンジンの組み合わせはわくわくします。圧縮比は11.5:1だそうです。それでいてNAならではの燃費の良さもあるでしょう。公道上では自制心が要求されそう。

三菱 ランサーセディアワゴン
・形がクールで走りも良さそうで満足度は高そう。

スバル インプレッサセダンWRX(ダブルアールエックス)
・ラリーファンの多い国では完全に認知された俊足全天候型4ドアセダン。乗りたい、けど距離を走るわたしは燃費が気になります。

スバル レガシィB4(ビー・フォー)RSK(アールエスケー)
・もしこれが外車だったら高価でも売れるだろうなと思えるクルマです。性能的には文句なし。クルマ生活の上がりのクルマとしてもよろしいのでは。

マツダ カペラワゴン
・5・7ナンバーワゴンの中で、とんがって無くていいクルマだと思います。広島ではたくさん見かけました。

日産 ステージア
・デザインが目を引きます。走りもいいらしい。冬道でその走りを堪能できる北海道で乗ってこそ価値がある。

スバル レガシィランカスター
・上質なクルマです。このクルマが似合う生活はどんな感じか?


(外国車編=生産中)

MCC スマートクーペ
・今年の秋には日本の軽自動車規格に合わせた形で出てくることが決まっているとのこと。手軽なシティコミューターとしての発展を楽しみにしています。ホームページでかいま見ることができるヨーロッパでの普及には目を見張るものがあります。負けるな、日本の軽!

フォルクスワーゲン ルポGTi
・日本には未導入。とてもちいさなボディにキビキビエンジン。大好きな組み合わせです。

ルノー ルーテシアRS2.0
・マーチクラスのボディに2000ccのエンジン。とても魅力的なハッチバック車。ひょっとしてもう新車では買えない?

ランチア Y(イプシロン)
・正規輸入されていないのが残念ですが、日本でも買えます。112色のカラーバリエーションを選べるというのが素晴らしい。

フォルクスワーゲン ポロ
・新型は日本には未導入。国内登場が楽しみです。現行型も、凡庸ですが外装に華があります。国産でいいクルマが出てきて旗色も悪いですが、たとえエンジンが旧い設計であったにしても長く乗って色あせないものを持っていると思います。

アウディ A2
・日本未導入。小さいクルマでもこれくらい真面目に作り込んであるものが欲しいところ。

BMW 316ti(E46型ti)
・やはりちいさなFR車が好きな私です。318tiならマニュアル車もあるらしい。

フォード フォーカス GHIA
・オリジナリティあふれるデザイン。走らせると思いの外スポーティ。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI
・何もないくらいに感ずる素っ気なさ。でも一度走らせると「守られ感」が強く感じられます。この価格帯のすべてのクルマのなかで、一押し。この5速マニュアルの操作感に大満足。

フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ
・オープンカーのカタチをした実用車。中味がゴルフIIIなのもわたし的には良い。

アルファロメオ156
・デザインに存在感があります。内装もいかにも違いを感じられるもので、設計者の非凡なセンスを感じます。

サーブ 9-3(ナイン・スリー)
・乗る人、特に同乗者に優しいクルマです。スピード以外のものを求める方に。見栄えしないのをいとわない方に。

プジョー 406クーペ
・すばらしい内外装のセンス。生産はイタリアのピニンファリーナの工場で行われているらしい。

ポルシェ ボクスター
・街で見かけるたびにワクワクします。これに似合う人間になるにはまだまだ修行が必要です。

BMW M5
・ポルシェ911をも凌駕するような性能を5シリーズの仮面の下に隠した、クールなスポーツセダン。